活動実績
2016年10月13日

東京都目黒区内の小学校で「インターナショナル シェフズ デイ」を実施

10月20日「インターナショナル シェフズ デイ」関連イベント

2016 年10 月13 、ネスレ ヘルシーキッズ プログラムでは、昨年に引き続き、内閣府認定公益社団法人 全日本司厨士協会(AJCA = All Japan Chefs Association)と共催、ネスレ日本株式会社の協賛で目黒区立田道小学校で「インターナショナル シェフズ デイ 2016」の特別授業を実施しました。

今年のテーマは 「ART ON A PLATE(アート オン プレート)~彩り豊かに飾りつけよう。」

目黒区立田道小学校4年生45名は、沼尻寿夫シェフ(ウエスティンホテル東京 総料理長)と岩崎勇シェフ(アパホテル&リゾート東京ベイ幕張 名誉総調理長)のフランス料理の話やテリーヌのつくりかたを熱心に聞いていました。各自にプレートに盛られたテリーヌが届くと、シェフの飾り付けの技を手本としたり、自由な発想でオリジナルのプレートを完成させました。最後は、身近なものから珍しいものまで様々な野菜を残さず完食しました。

講師のシェフによる参加型の食育学習を通じて子どもたちに料理の楽しさ、食の大切さを伝えることができました。

この様子は、世界司厨士協会連盟WACSのホームページでも紹介されています。