運動プログラム

運動プログラムについて

子どものからだづくりは、「食べること」や「からだを動かすこと」によって育まれます。 日本では、遊び場の減少や時間の制約や大気汚染などの環境変化、子どもたち自身の受け身な生活態度など様々な要因から、子どもたちがからだを積極的・能動的に動かす機会が減少しています。運動機会の不足や肥満は、「転ばない」「ぶつからない」などの安全に生活するための身体能力やバランス能力の低下につながっています。
成長期の子どもたちにとって、「からだを動かすこと」は健康で丈夫なからだづくりにとってとても重要なのです。