読みもの

教育新聞連載
食育と運動で小学生のからだをつくる!

子どものからだづくりを、栄養・運動・食育の専門家が語ります

第1回(教育新聞2015年7月24日号)

食べること、からだを動かすことは、生きること」

古畑 公
ニュートリション運動推進会議子どもの健康づくり委員会理事長、和洋女子大学家政学部教授、元厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室栄養・食育指導官

第2回(教育新聞2015年8月24日号)

「『元気なからだづくり』目指す、楽しいプログラム」

堤 ちはる
一般社団法人ニュートリション運動推進会議子どもの健康づくり委員会理事、相模女子大学栄養科学部教授

第3回(教育新聞2015年9月21日号)

「BRTプログラムで運動オンチをなくそう」

小林 敬和
一般社団法人キッズアスレティクス・ジャパン理事長、中央学院大学教授

沼澤 秀雄
一般社団法人キッズアスレティクス・ジャパン理事、立教大学教授

第4回(教育新聞2015年10月28日号)

「校庭が使えない状況の中で運動量を確保」

遠藤 さとみ
福島県田村市立大越小学校校長

第5回(教育新聞2015年*月*日号)

食教育にとどまらず「生きる力」育む

宮島 則子
前東京都荒川区立汐入小学校 主査栄養士、食育アドバイザー

第6回(教育新聞2015年12月21日号)

子どもと大人-地域ぐるみで健康づくり

牧野 敬一
千葉県長生郡白子町教育委員会 教育長

連載「自分のからだは自分でつくる」(教育新聞2010年6月~12月掲載)はこちら